<< Tear of rain | main | Last christmas >>

スポンサーサイト

  • 2012.01.13 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


君の「さよなら」聞いたときから
いくつの季節を越えたの
今でも瞳閉じれば
蘇る制服姿の君と満開の桜
 
夢ばかり追いかけて
現実も忘れて
がむしゃらに生きてたあの頃
いつも近くに君がいて
別れなんて遠い先の事だと思ってた
 
でも刻は玉響…
散る桜は君をさらってゆく
僕の気持ちも知らずに
 
今の僕はあの頃の
理想通りの自分じゃないけれど
それでも精一杯夢に翔ける
そんな人生を送っている
 
白い月に照らされ
あの頃の自分に呼びかける
「あの時どうして…」なんて
後悔ばかり叫んで涙流す
 
ただ一度、もう一度会えたら
それだけで僕は救われる 
ねぇどうして
桜はすべて奪い去るの
僕の大事ななにもかも
残された僕の気持ち知らずに
 
恋はラブストーリーのようにはいかないと
何度も気付いてたけど
 
新しい出会いなんていらないから
どうか二人離れさせないでと
何度桜に祈っただろう

君を諦められないから
僕はあの場所に向かう
大事な記憶を抱いて
 
−君は待っていてくれたね
あの桜の木の下で
もうこの手放しはしない
桜散りゆく季節が来ても……−

スポンサーサイト

  • 2012.01.13 Friday
  • -
  • 19:35
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
sponsored links
selected entries
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM